ベビーベッドはレンタルがおすすめです

このサイトでは、ベビーベッドをレンタルしたいと考えている人のお役立ち情報を多数掲載しています。
いつから借りるとよいのか、また借りるに当たっての手続きの流れから、適切な商品の選び方の指南まで詳しく解説をしています。
最近では、店舗だけでなくインターネットを通じて時期を見計らって契約を結ぶことが出来るので便利になりました。
また、自宅まで配送してくれ、使い終わったら郵送で返却することが出来るので大変便利です。

ベビーベッドはいつからレンタルするべき?

ベビーベッドはいつからレンタルするべき? ベビーベッドをレンタルする場合、いつから借りるのが好ましいのかという質問をよく受けます。
できれば子供が生まれるまでに環境を整えておくことが好ましいので、遅くとも出産の1ヶ月前までには用意しておくことをおすすめします。
最近では、ベビーベッドは店舗での貸出よりもインターネットサービスを利用してレンタルするほうが何かと便利です。
特に、妊娠後期は体が思うように動かないため、引き取りに行くのも一苦労なので、ネットで注文して自宅まで届けてくれるサービスを利用することをおすすめします。
自宅まで郵送してくれることから、自分で取りに行く手間がかかりません。
さらに、使い終わったら再び郵送にて送り返せばよいのです。

ベビーベッドは期限を設けて賢くレンタルするのがお得

ベビーベッドは期限を設けて賢くレンタルするのがお得 赤ちゃんが生まれると、自宅ではベビーベッドやベビーラックといったベビー用品を用意する必要があります。
ベビー用品の多くは試用期間が短い特徴があり、中には1ヶ月しか使用しなかったというアイテムもあるほどです。
またベビーベッドなどの家具は部屋の場所も大きくとってしまうため、使用しなくなったら処分する必要がありもったいない思いをする可能性もあります。
そこで期限を設けてベビーベッドを借りるレンタルサービスが注目されています。
レンタルサービスなら購入すると高額なベビー用品もリーズナブルな価格で借りることが出来ますし、使わなくなったらそのまま返却するだけなので自宅で保管したり、処分をする手間がかからないことも大きなメリットです。
育児生活は長く、これから赤ちゃんに必要となる物は少なくありません。
サービスを活用して費用を抑えることで、赤ちゃんに必要な物を別に購入することができるようになるなど、利用する上で得られるメリットは多くなっています。
ベビーベッドや、ベビーラック、赤ちゃん用のおもちゃなどベビー用品を扱っているレンタルサービスを比較して、商品や料金などを比較して自分にぴったりのサービスを探しましょう。

ベビーベッドはいつまで使用することができるか

出産前に自宅に準備しておくべきアイテムの一つにベビーベッドがありますが、実際に用意する段階になるとどんなタイプを選べばいいのか迷ってしまう方も多いようです。赤ちゃんのベッドをいつまで使うかというと、期間は1~2歳頃だといわれており、ベッドを設置する場所によっても利用期間は異なると言われています。例えば寝室に添い寝用のベビーベッドを設置する環境の場合は夜中の授乳もスムーズに行えるようになるので、卒乳を目安としてベビーベッドを使用するというご家庭は少なくありません。ただし寝室に十分なスペースがなく、ミニサイズのベビーベッドしか置けないという場合は、赤ちゃんの成長具合によって通常のタイプよりも短い期間で使わなくなるといわれています。 リビングに設置する場合、標準サイズのベッドは置けない場合が多いのでミニタイプが選ぶご家庭が多いです。赤ちゃんが成長してある程度しっかりとしてくると、日中過ごす間はハイローチェアやバウンサーを利用するようになるため、半年から1年ほどで使用をやめてしまう場合も多いようです。このように赤ちゃん用のベッド選びは、設置する場所をどこにするかでどれくらいの間使えるか事前に把握しやすくなります。

ベビーベッドを選ぶなら安全性を重視したい

ベビーベッドは大切なお子様が安らぎを覚え、すやすやと眠る場所であることから選ぶ際には安全性を重視したいものです。ベビーベッドの多くはさまざまな工業規格が制定されており、本体や箱に貼付されたステッカーなどで確認できます。日本工業規格のJISは製品に一定の強度を保つことが求められているほか、木材を接合する接着剤を使用する場合は人体に悪影響を及ぼさないものに限られています。衝撃試験が実施されており、滅多なことでは壊れません。家電製品やパソコンなどに用いられていたRoHSはヨーロッパ発祥の規格で、金属部分に鉛などの特定有害物質を使用しないことが求められていますが、ベビーベッドでも近年になってRoHSに準拠した製品が増えています。ベビーベッドでは金属製のベッドのほか、木のフレームを接合するボルトなどに使用されていることがありますが、安全性の高い金属ならば何でも口に入れたがる赤ちゃんが万が一触れてしまっても安心です。

ベビーベッドはオムツ交換がしやすいなど機能性で選ぶ

赤ちゃんが生まれると育児に必要な設備を自宅に用意する必要がありますが、その一つに「ベビーベッド」が挙げられます。ベビーベッドを利用する期間は平均で1~2歳なので、使い勝手がよく機能性に優れているタイプを選ぶようにしましょう。 ベビーベッドには主にベッドサイドタイプやベッドインベッドなどの種類がありますが、ベッドサイドベッドは寝室に置いてある親のベッドの横につけて使うことができる添い寝タイプで、キャスターが付いているベッドなら日中はリビングに移動させて、ベビーサークルとしての機能やオムツ交換スペースとしても利用することができるため、機能性に優れている特徴を持っています。 ベッドインベッドタイプは赤ちゃんを囲うように高い仕切りが付いているので、オムツ交換を行えるスペースを確保したいと考えているなら、自宅に設置すると想定して使い勝手の良いものや機能性で選ぶようにすると、様々な用途で利用することが可能です。

移動式ベビーベッドはコンパクトで扱いやすい

赤ちゃんが生まれたら用意すべき物は数多くありますが、赤ちゃんのいるご家庭で利用されることが多いのが「ベビーベッド」です。ベビーベッドというとサイズが大きくて、自宅に置く場合には十分なスペースがないと難しいと考える方は多いです。また他の部屋に動かそうとしても、サイズが大きく解体しないと持ち出せないという問題がありました。こういった悩みをお持ちの方におすすめするのが「移動式ベビーベッド」です。 この製品はベッドにキャスターが付いているので、室内色々な場所に移動させることができる特徴があります。また幅が70cm以下のコンパクトなタイプが多く、一般的な室内ドアの幅である約70~80cmなので寝室やリビングなど、親の見える場所で赤ちゃんの様子をいつでもチェックすることができます。 赤ちゃんを連れて実家への帰省や、旅行にいく時など赤ちゃんがいない環境に行った時多くの方が悩むのが赤ちゃんの寝かせる場所が用意されていないことです。しかしコンパクトで好きな場所に動かせるベビーベッドの中には、持ちての付いた収納袋がセットになり、どこにでも持ち運びすることが可能なので赤ちゃんと一緒に遠方へ出かけることが可能などメリットは多いです。

ベビーベッドはデザインだけでなく耐久性にも気を付けよう!

赤ちゃんを安心して寝かせるためにも気をつけたいのがベビーベッドの耐久性です。ついつい使い勝手やデザインなどで選んでしまいがちですが、赤ちゃんの安全を考えてしっかりしたベビーベッドを選びたいものです。PSCマークやSGマークがついているものを購入しましょう。PSCマークとは消費生活用製品安全法に基づいて、安全性が確保されて商品についているマークです。2歳までの赤ちゃんが使うベビーベッドに義務化されています。また、SGマークは一般社団法人製品安全協会が定めた安全基準を満たしている商品についています。どちらのマークが付いているベビーベッドも、床板が簡単に外れないようにしっかりとした作りになっており、耐久性が高いです。さらに、ベッドの柵や支柱の幅が85cm以下に定められており赤ちゃんの頭が挟まってしまわないように、床板から柵の上までの高さは35cm以上で落下しないように安全性にも配慮して設計されています。PSCマークやSGマークがついているものなら、赤ちゃんを安心して寝かせることができるでしょう。

ベビーベッドを選ぶ際には使いやすさを重視

赤ちゃんが生まれることになるとお父さんお母さんは、ワクワクしながら様々な準備をする必要がありますが例えばベビーベッドです。ベビーベッドを家に置くかどうかは意見が分かれていて「一時期だけだから必要ないのではないだろうか?」という意見もあります。しかし、上に小さいお子さんがおられる・短期間であっても安全な空間で寝かしたいというのであればぜひ設置しましょう。ベビーベッドを選ぶ際には、部屋に合った大きさであることやデザインに加えて使いやすさはとても重要です。赤ちゃんのお世話をするというのは体力と精神力が必要ですから、お母さんの負担をできるだけ減らしたいものです。おむつ交換をする際は交換しやすい高さや仕様であることをチェックしましょう。使いやすさに加えて重要なポイントは、収納力です。おむつやおしりふきなどの用品が収納できる場所があれば部屋が散らからずに済みますし、お世話もできるだけ短縮することが出来ます。

ベビーベッドは絶対に設置したほうがいいのか?

赤ちゃんが生まれるとなると、お父さんお母さんはいろんなグッズを準備する必要がありますがその中で意見が分かれるものが、ベビーベッドです。ベッドは数か月しか使用しない割には価格が2万円以上する高価なうえに部屋を占領しますので迷うものですが中には、「ベビーベッドは絶対に設置したほうが良い」というご家庭もあります。では、実際のところどうなのでしょうか?結論から申し上げますと、ベビーベッドは短期間であっても設置したほうが安全であるというのが答えです。特に、ペットを室内で飼っておられる・上に小さいお子さんがおられる・赤ちゃんのお世話をできるだけ負担がなく行いたいという方は購入しましょう。しかし、出産後は自分の実家に2か月ほど実家に帰省する、その後は保育所に預けるので赤ちゃんのお世話をするのは短い時間だけというご家庭や、ワンルームに住んでいるというのであればほかのもので代用することも可能かもしれません。

ベビーベッドの設置に関してどの意見が正しい?

子育てやベビー用品の必要性などに関しては人によって意見がそれぞれ異なるのが現実です。例えば、ベビーベッドを例に挙げるなら「ベビーベッドは使用期間が半年ぐらいで後は物置になってしまうし部屋が狭くなって邪魔」という方もいますし、別の方は「床にそのまま寝かすとほこりがするしペットが赤ちゃんの近くに来るので不衛生だから絶対にベッドは必要」と言うことがあります。ではどちらの意見が正しいのでしょうか?それはどちらも正しいというのがその答えです。なぜなら生活スタイルや環境は経済状況さらには、部屋の広さなどはそれぞれご家庭によって異なりますし、考えもばらばらだからです。ですから、人に振り回されるのではなく赤ちゃんにとってどんな環境が一番良く安心できるかさらには、お世話をするお母さんの負担やストレスを軽減できるか、といったことなどを考えて決定することが出来ます。もし、購入に迷ったならベビーベッドのレンタルサービスもおすすめです。

ベビーベッドのサイズと部屋に占める割合の確認

ベビーベッドが部屋に占める割合にも注目しながら、様々なサイズがある中で、できるだけ長く使うことができる適したサイズを選択できるようにする事が必要です。部屋が狭くなってしまうことのないように、バランスを考えて選ぶことができます。程よい高さのあるベビーベッドを使うことにより、様々なメリットがあります。例えば、兄弟のいたずらや親が見ていないところでのペットの動きなど、ある程度高さがあり、策もあることで万が一の時に備えられます。また、高さがあると、床のほこりなどの対策にもなります。ほこりがいつもまってしまうところに寝かせるのではなく、ベビーベッドを使うことをおすすめします。サイズもいろんな種類があり、組み立て式のものは多いため、ネット通販からでも簡単に購入できます。安さの重視よりも、安全性を重視して、できるだけ長く使えるようにすると子育ての時の安心につながります。性能や質の高さにも注目しながら、ベビーベッドそれぞれの性能に注目することはとても重要なポイントです。

組み立て式のベビーベッドを購入したいなら

自分に赤ちゃんが誕生したら、成人するまで大切に育てていかなければなりません。家の中でのびのび育つようにし、疲れたらぐっすり眠れる環境をあらかじめ整えておくと良いです。そのためには布団で寝かせるのではなく、組み立て式のベビーベッドを購入して設置すると良いかもしれません。 組み立て式のベビーベッドなら寝ている赤ちゃんが落下しないよう、横のところに柵を取り付けることが可能です。またベッドの赤ちゃんを寝かせる部分はすごく心地が良い品が多いので、途中で目を覚ますことなくぐっすり寝ていてくれます。育児中の親御さんにとって非常にありがたいですし、是非購入しておくべきです。 ベビーベッドは近隣の専門店で販売されているので、まずは足を運んで実物をチェックしてみてください。いくつかのベビーベッドを実際に触ってみて、寝心地が良さそうな一品に絞って購入すると良いでしょう。値段もそれほどかかりませんし、赤ちゃんをすくすくと育てるための出費と思えば安いものです。

レンタルベビーベッドおすすめリンク

ベビーベッド レンタル

新着情報

◎2023/2/15

情報を更新しました。
>ベビーベッドを選ぶ際には使いやすさを重視
>ベビーベッドは絶対に設置したほうがいいのか?
>ベビーベッドの設置に関してどの意見が正しい?
>ベビーベッドのサイズと部屋に占める割合の確認
>組み立て式のベビーベッドを購入したいなら

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>ベビーベッドはいつまで使用することができるか
>ベビーベッドを選ぶなら安全性を重視したい
>ベビーベッドはオムツ交換がしやすいなど機能性で選ぶ
>移動式ベビーベッドはコンパクトで扱いやすい
>ベビーベッドはデザインだけでなく耐久性にも気を付けよう!

◎2020/3/16

ベビーベッドのサイズに注意
の情報を更新しました。

◎2020/1/24

衛生面に気を使いたいなら
の情報を更新しました。

◎2019/11/27

頭突きに困っているママへ
の情報を更新しました。

◎2019/8/27

ネットで借りられる?
の情報を更新しました。

◎2019/6/19

ベビーベッドの選び方
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「ベビー ベッド」
に関連するツイート
Twitter

あれから3時間半寝てくれた。 今回の授乳は🥧+110!授乳クッションで寝てくれてるけど、ベビーベッドに移動したら起きるかな…このままじゃ私が寝れないから移動するぞ〜〜😇

この期に及んで添い寝選択か……大人の布団の危険性をわかった上でやってないからなぁ…まずはベビーベッドへの寝かしつけをがんばってよ……

ベッドインベッド 新生児 ベビーベッド 布団セット 添い寝ベッド ベビー布団 折りたたみ 赤ちゃん 寝具 (枕、...

私のベッドの上で座って抱っこすると抱っこから自分で降りて丸まって寝ようとするからベビーベッドに移動させるとギャン泣き...

ずっと泣き声が止まないから寝室行ったらスヤスヤ寝るピとギャン泣きしてるトンちゃんがいたらピに怒るのは当たり前でしょ しかも「寝てませんでした」風を装うからすんごくイラッとする、いや寝てたからな????? 添い寝で自分が寝ちゃうなら起きてベビーベッドに寝かせてくれ